スポンサーリンク

「日本語の教え方のポイント」相手が解っていない箇所をきちんと見極める

2020年3月25日クラスの流れ・教え方と注意点

新人君
新人君
ふぅ、今日も無事に覚えるべき文型を教えることができた。
学生もみんな「わかりました」と言っていたから、
明日は新しい文型に進むことができるなぁ。

学生の「わかりました」…
あなたは信じているの…?
中堅さん
中堅さん

新人君
新人君
どういうことでしょうか?

例えば、クラスで説明を受けて、最後に教師に「わかりましたか?」
と聞かれたら、どう答える?
大抵は「わかりました」と答えるでしょう?
先輩さん
先輩さん

他の学生の前で自分だけ「わかりません。」とは言えないからな…
それに、また同じことを聞くのを申し訳ないと感じる学生もいるだろう。
ベテランさん
ベテランさん

新人君
新人君
じゃあ、どうやって理解できたかどうか確認すれば…

わかりました?大丈夫ですか?は無意味な質問

モノづくり先輩
モノづくり先輩
クラスで教えていて、学生の反応が薄いと、
「わかりましたか。」と、
つい確かめたくなるね。

まあ、それは仕方がないことだな。
でも、その学生の「わかりました」を
鵜呑みにしてはいけないぞ。
ベテランさん
ベテランさん

中堅さん
中堅さん
そうね。
学習者が理解しているかどうか適切に判断するのも、
教える側の役目だもの…

常に学生が理解できたかを判断して、
説明の補足をしたり、
理解度を深める活動を追加したり
しなければならないわね。
先輩さん
先輩さん

中堅さん
中堅さん
反対に思ったより早く理解したと判断出来たら、
途中でその文型の活動を切り上げたり、宿題に回したりして、
弱そうな部分や掘り下げたい部分に時間を割くのもいいわね。

そうだな。
学生たちがわかったかどうかを判断して、
効率よく時間が使えれば一人前だな。
ベテランさん
ベテランさん

  1. 学習者の「わかりました」の言葉を鵜呑みにしない。
  2. 学習者の理解度を図るのは教師の役目
  3. 理解度に応じて学習項目の中での活動を臨機応変に変更する

クラス内で学生の理解度を図るのには経験が必要だな!!
経験があれば以前に教えた学生と、
今の学生の様子や反応を比較して、
判断することも可能になるだろう。
ベテランさん
ベテランさん

新人君
新人君
経験の浅い僕はどうすれば…

心配しないで、
雰囲気から判断できないなら、
別の方法で調べればいいわ。
先輩さん
先輩さん

 

理解度の確認方法

新人君
新人君
どうすれば
「わかりましたか。」と聞かずに、
学生たちの理解度をチェックできますか。

一番早いのは、
理解したかどうかやらせることだな!!
ベテランさん
ベテランさん

先輩さん
先輩さん
そうね。
できない=理解していない
簡単なチェック方法ね。

実際にやってもらう、
これがコツ…
分かったのかしら…?
中堅さん
中堅さん

新人君
新人君
なるほど。
分かりました。

今のあなたの「わかりました。」は、
本当に理解したうえでの「わかりました」なの…?
まだ、具体的にやることを言ってないけど…
中堅さん
中堅さん

新人君
新人君
つい、勢いで…
学生もこんな感じで「わかりました」と言うんでしょうね…

いくつか
理解度チェックをする方法を挙げておこう!!
ベテランさん
ベテランさん

  1. (語彙)フラッシュカードを使う。
  2. (語彙)語彙を与えて文形を作らせる。
  3. (助詞)文型を作らせたときに適切なものを選択できているか確認
  4. (助詞)助詞の穴埋めの問題を配布(ややこしいものが多い課では…)
  5. (文型)フラッシュカード(状況が描かれたもの)を見せて文章単位で答えさせる。
  6. (文型)前件、後件を与えての文章作り。
  7. (会話)例文を見ないで言えるか。
  8. (会話)考えながら絞り出すように、会話練習をしているうちは危ない。(自分で音読しない学生は特に…)
  9. (総合)クラスの最初に前回の内容の小テスト
  10. (総合)リスニングをしたときに、問題以外にも教師が質問をして答えさせる。
  11. (総合)授業終盤で簡単な復習(口頭、プリント、フラッシュカードなどで)

モノづくり先輩
モノづくり先輩
他にも色々方法があるけど…
今日はここまでね。

 

 

スポンサーリンク

2020年3月25日クラスの流れ・教え方と注意点

Posted by yumearu