スポンサーリンク

WEEKLY J の 使い方とアイデア(ユニット13の教え方)

2020年11月10日Weekly J

新人君
新人君
さあ、ユニット13ですね。
この課では「規則やマナーについて話す」が課題ですね。
そうね。
他の人に面と向かって使う表現ではないけれども、覚えておくと便利ね。
先輩さん
先輩さん
中堅さん
中堅さん
まあ、日本人でもマナーが悪い人はたくさんいるわね…
マナーに関する言葉を覚えておくと、
注意書きも読めるようになるな!!
ベテランさん
ベテランさん
中堅さん
中堅さん
他の人のマナーについてその人に直接言う機会はあまりなくても、
注意書きを読む機会はあるだろうから、
まあ必要かしらね…

答えてみよう

ここは、自分の国でしてはいけないことを述べる方法の確認をするのね。
先輩さん
先輩さん
新人君
新人君
「~てはいけません」「~てもいいです」などの表現が使えればOKですね。

進め方

①それぞれの絵について「私の国では~てはいけません」と言えるかどうか確認しましょう。
 その理由があれば答えてもらいましょう。
 また、日本ではどうかをいっしょに考えましょう。

②それぞれの動作の語彙の確認をしましょう。
 「鼻をかむ、食べるときに音を立てる、指をさす」などの語彙は知らない学習者が多いです。
 「帽子をかぶったまま」「歩きながら」などの文型も一緒にチェックしましょう。

聞いてみよう

この課のリスニングもけっこう長いんじゃないか?
ベテランさん
ベテランさん

このユニットのリスニングは長い会話の中から「してはいけないこと」「しなければならないこと」を聞き取って文章単位で書く練習です。
追加で女の人の国と日本での違いがきちんと聞き取れているかの確認もしましょう。
また、もし違反した場合には罰金を払わなければならないことが聞き取れているかも確認しましょう。
Q2の中に出てくる「肘をついて」がわからないと思うので、リスニングの前に「言葉を増やそう」の項目をしておいて先に導入してもいいでしょう。

 

言葉を増やそう

新人君
新人君
ここで取り上げられている語彙は未習のものが多いのでしっかり覚えさせたいですね。

日常生活の中でマナーが悪いとされることに関する言葉を覚えていきます。
Q1の語彙はほとんどが未習だと思われるので、しっかり確認しましょう。
Q2は語彙を選択する問題ですが、少しややこしいのは「以下」「以上」「以内」「以外」の使い方です。
それぞれの意味の確認はもちろんですが、それぞれ接続する言葉の種類が違うので確認をしたり例文を作らせるといいでしょう。
「以下」…〇「18歳以下の人」
     〇「荷物は20キロ以下です。」
     ×「2時間以下勉強しました。」
「以上」…〇「18歳以上の人」
     〇「家の価格は1000万円以上です。」
     〇「毎日8時間以上働く」 ※後ろに動詞を接続できる
「以内」…〇「1時間以内に来てください。」 助詞の「に」+動詞
     〇「300字以内で説明しなさい」   助詞の「で」+動詞
「以外」…〇「豚肉以外食べます」 動詞と接続
     〇「自分以外の人」
色々な接続の方法があるので、例を挙げながら説明していきましょう。

 

文型

この課の文型も…
結構多いなぁ…
ベテランさん
ベテランさん

①~まま
これはN3の文型ですね。
何かを継続して、次の動作をする(悪いことになる)ことを表します。
こちらもチェック!!
 中級へ行こうの教え方「~まま」

②~てはいけません
この文型は初級で学習しましたね。
規則を述べる文型ですね。
こちらもチェック!!
 みんなの日本語第15課 …てはいけません。

③~なら(条件)
これも初級の文型です。
「~なら」は用途が多いので注意。
こちらもチェック!!
 みんなの日本語第35課 …条件形

~てもいいです
この文型もよく使うので大丈夫ですね。
許可を表す文型ですね。
こちらもチェック!!
 みんなの日本語第15課 …てもいいです

⑤~て+動詞
付帯状況ですね。
手順の「~て」と混同しそうですね。
こちらもチェック!!
 みんなの日本語第34課 … ~て「付帯状況」

 

会話の達人

話題を取り上げて、
意見を言う方法の確認かしら?
先輩さん
先輩さん

規則やマナーについて述べる方法、
またそれを聞いた時の答え方の確認をします。
「あるんですね」
「どうなるんですか」
「んです」
を使って興味や関心を表すのがポイントです。

 

練習をしよう

中堅さん
中堅さん
自分の国の規則について話す練習と、
規則を破ったときにどうなるかを話す練習ね…
規則を破ったときにどうなるか…
興味あるわね…

①教科書には5つのイラストがありますが、
 学生の国について自由に発表させてもいいでしょう。
 日本とは違うことについて発表させると、面白い規則などが発見できるかもしれません。

②学生に日本での規則についての質問を考えさせましょう。
 教科書のイラストを利用してもいいですが、
 自分の国ではいけないことが日本ではどうなのか自由に質問を作ってもいいでしょう。

 

使ってみよう

このユニットのおさらいですね。
学習者が自分で規則に関することを述べ、他の人の国ではどうなのかを聞く練習です。

 

スポンサーリンク

2020年11月10日Weekly J

Posted by yumearu