スポンサーリンク

WEEKLY J の 使い方とアイデア(ユニット16の教え方)

2020年11月10日Weekly J

新人君
新人君
ユニット16ですね。
この課では「嬉しかった思い出が話せる」が目標ですね。
そうね。
思い出話や経験談を話すことは日常生活でもよくあるわね。
先輩さん
先輩さん
中堅さん
中堅さん
私は嬉しかったことより、辛かったことが多いけど…
昔の話をするのは得意だぞ!!
ベテランさん
ベテランさん
中堅さん
中堅さん
(いつも同じ話ばかりじゃない…)

答えてみよう

ここでは、祝日や記念日にどんなプレゼントをするか。
また、今までどのような嬉しかったことがあったかを伝える方法の確認をするのね。
先輩さん
先輩さん
新人君
新人君
それぞれの国で、
祝い方や記念日に贈るプレゼントの違いなどを話してもらうと面白いですね。

進め方

①それぞれの記念日の日付をきちんと言えるかの確認もしましょう。
「20日」「4日」「8日」は要注意!!
日本と他の国で日付が違うものがあるので、一つずつ確認していきましょう。
②嬉しかったプレゼントベスト3を発表するときは、
それをいつもらったか誰にもらったかも一緒に述べるように指示しましょう。
③嬉しかったこと、助かったことを述べる問題では、
 まず、それぞれの絵の状況の説明が日本語で出来るかも確認するといいでしょう。

 

聞いてみよう

この課のリスニングも内容がシンプルでわかりやすいな!!
ベテランさん
ベテランさん

短い会話を聞いてポイントを書いていく問題です。
会話が短いのでキーワードが見つけやすく、会話の内容もわかりやすいので、
問題ないでしょう。
状況が掴みやすいので、答えは簡単に埋められますが
「お腹が痛くなるほど笑った」「送別会」「宝物」「見送り」
などの語彙をきちんと理解しているか確認したほうがいいでしょう。
学習者が問題にきちんと答えられていたも、
単語の意味を理解していないこともあるので注意しましょう。

 

言葉を増やそう

新人君
新人君
このユニットに登場する語彙も簡単ですね。

「落ち込む」「励ます」「見送る」「ごちそうする」
は知らない学習者が多いので意味を知っているか、
きちんと確認しましょう。

 

文型

授受表現か…。
大変だな。
ベテランさん
ベテランさん

①あげます、もらいます、くれます
あげもらいはよく使いますね。
誰が誰にあげたのか、もらったのかを間違えやすいですね。
こちらもチェック!!
 みんなの日本語第24課 … あげます/もらいます/くれます

②~て(あげます/もらいます/くれます)
親切にしてもらったり、助けてもらったりしたときに使う表現ですね。
こちらも動作主と動作の対象に注意。
また助詞にも注意です。
こちらもチェック!!
 みんなの日本語第24課 …て(あげます/もらいます/くれます)

③~て(いただきました/くださいました)
敬語のパターンです。
言葉が変わるだけで使い方は同じなので簡単ですね。
家族には使わないので注意。
こちらもチェック!!
 みんなの日本語第41課 …て(いただきます/くださいます/(さしあげます))

~てくれてありがとう
話すときよりも、メールなどで使う表現ですね。
「~てすみませんでした。」もメールなどで使いますね。
「みんなの日本語の第39課」で「~て+気持ち」の課がありますが、
そこで一緒に学習していない場合は未習になります。
これを言えない学生も多いのできちんと確認しましょう。
こちらもチェック!!
 みんなの日本語第39課 …てくれてありがとう

 

会話の達人

感謝の伝え方ね。
先輩さん
先輩さん

ここでは、感謝を述べる方法とそれに対する答え方の確認をします。
教科書で取り上げられている「~てくれて助かりました」以外にも、
「~てくれてありがとう」「~てくださってありがとうございました」など、
感謝を述べる方法は色々とあるので確認しましょう。
「~ほどうれしかった」のように気持ちを表すときに使う「~ほど」は未習です。
ここでは簡単に説明して、文法の教科書で学習するときにしっかり定着させてもいいし、
ここで導入や練習をきちんとして、文法の学習で登場した時にさらっと進めてもいいでしょう。

~ほど+気持ち
これはN3の項目ですね。
「ほど」を使って程度を表します。
「~ほど」のかわりに「~くらい」「~ぐらい」を使うことができます。
「中級を学ぼう」では「暗い・ぐらい」で学習します。
こちらもチェック!!
 中級へ行こう …くらい

 

練習をしよう

中堅さん
中堅さん
嬉しかった経験を話す練習ね…

①「語彙を増やそう」で取り上げた話題について、
 実際に経験がある場合、誰がしてくれたかを述べる練習です。
 経験がない場合には、学習者に今まで受けた親切について自由に話させましょう。

②Q2は今までの嬉しかった経験を、チャートにする作業です。
 クラスの時間に「今から書いてください」と指示を出してもすぐには出てこない場合があります。
 宿題にしたほうがいいでしょう。
③Q3はQ2で作ったチャートを基に、お礼の気持ちを述べる手紙を書く練習です。
 これも宿題のほうがいいかもしれませんね。

 

使ってみよう

このユニットのおさらいですね。
嬉しかった思い出について述べたり、
感謝の気持ちを言葉で伝えたり、
文章にして伝えられるようになっていれば目標達成です。

 

スポンサーリンク

2020年11月10日Weekly J

Posted by yumearu