スポンサーリンク

中堅さん
中堅さん
残念なことに今年のボーナスは少なくなるみたいよ…

まあ、今の状況じゃ、仕方がないわね。
先輩さん
先輩さん

悲しいことに、飲食店の閉店時間も早くなったな…
ベテランさん
ベテランさん

中堅さん
中堅さん
これから、どうなるのかしらね…

(感慨)ことに…

教師
教師
昨日、とてもうれしいことがありました。
給料があがりました。
この気持ちを先に言いたいです。
嬉しいことに、給料が上がりました。

教師
教師
先週とても残念なことがありました。
飼っていた魚が死んでしまいました。残念な気持ちを先に言いたいです。
「残念なことに、飼っていた魚が死んでしまいました。」

教師
教師
Aさん、最近何か困ったことがありますか。

ええと、困ったことに、最近あまり寝られません。
学生さん
学生さん

教師
教師
Bさんは、最近嬉しいことがありますか。

うれしいことに、彼女ができました。
学生さん
学生さん

教師
教師
Cさんは、最近驚いたことがありますか。

驚いたことに、Bさんに彼女ができました。
学生さん
学生さん

(後件に意志動詞の文章を作る学生がいたら、無意志動詞の文章しか入らないことを説明できる)
例)
× 嬉しいことに、今晩映画を見ます。
〇嬉しいことに、今晩映画が見られます。

板書

嬉しいことに 給料が上がりました。
嬉しいことに 彼女ができました。
悲しいことに 魚が死んでしまいました。
驚いたことに Bさんに彼女ができました。

×残念なことに 今年は国へ帰りません。(意志動詞)
〇残念なことに 今年は国へ帰れません。(無意志動詞)

×嬉しかったことに 昨日 おいしい寿司を食べました。
〇嬉しかったことに 昨日 おいしい寿司が食べられました。

 

ポイント

「~ことに」は現在起きていることや、過去に起きたことに対して、話し手の感じたことを強調して言う時に使います。
起きたことに対する感想なので、後件には意思を表す文章が入りません。また、意外と厄介なのは、前件で使われる言葉が限定的だということです。
不自然な文章ができてしまうことがあるので、前件で使われる言葉について先に説明して、後件を考えるような文章問題を準備したほうがいいでしょう。
よく使われる言葉は「驚いた」「悲しい」「おもしろい」「こまった」「うれしい」「ざんねん」「くやしい」などです。

 

練習

例 嬉しいことに( 来月から海外に転勤することになった。)

① 悲しいことに(                  )

② 驚いたことに(                  )

③ 残念なことに(                  )

④ 幸運なことに(                  )

⑤ 困ったことに(                  )

⑥ 悔しいことに(                  )

⑦ (          )あの国では豆が主食として食べられている。

⑧ (          )昨日買ったパソコンが故障してしまった。

⑨ (          )電車もバスも止まっている。

⑩ (          )テストの結果が田中君より悪かった。



新人君
新人君
「中級を学ぼう」は初中級レベルの学習が終わった学習者に最適ね。

うーん、
「中級へ行こう」と比べると内容が充実したわね。
先輩さん
先輩さん

中堅さん
中堅さん
文型練習・読解・作文の練習がきちんと入っているから教科書だけでも進められるわね…

でも、文型の練習が足りていなかったり、問題が簡単すぎるものがあるから、
教師が別に準備したほうがいいな!!
ベテランさん
ベテランさん

新人君
新人君
僕はまだ授業の進め方に不安があるので「教師用の手引き」を利用します。

新人君
新人君
あれっ。
あの窓、開いていますね。

ちょっと、寒いから。
閉めておいてくれないか?
ベテランさん
ベテランさん

中堅さん
中堅さん
ちょっと…
閉めないで開けておいてくれないかしら…
今から、掃除をするから開けてあるのよ。

今度から、みんなで順番に事務所の掃除をするから、
そこの掃除当番の表を見ておいてくださいね。
先輩さん
先輩さん

新人君
新人君
「~てある」「~ている」「~ておく」…
自動詞だったり、他動詞だったりややこしいですね。

動作主を考えれば、
割と簡単に理解できるぞ!!
ベテランさん
ベテランさん

(自動詞)+ています

(災害後や身の回りの状態のイラストを見せる)

教師
教師
昨日、大きい台風が来ました。
窓が割れました。木の枝が折れました。川の水が増えました。
窓が割れています。木が枝が折れています。川の水が増えています。

色々なイラストを見せて「自動詞 + ています」の文を作らせていく。
過去に学習した文型なので覚えているようであればサラッと進める。

板書

まど われています。

きのえだ  おれています。

川の水 増えています。

 

中堅さん
中堅さん
こちらもチェック!!

 みんなの日本語第29課 「自動詞」+ています。

(他動詞)+てあります

(学校で授業の準備が整っている絵を準備する)

教師
教師
学生が来ますからエアコンが…

エアコンがつけてあります。
学生さん
学生さん

教師
教師
先生がつけました。学生が来るので準備しました。
エアコンがつけてあります。

(棚の上に飾ってある花を指して)

教師
教師
これは何ですか。

花です。
学生さん
学生さん

教師
教師
どうして、花を飾りましたか。

学生が来ますから。
きれいですから。
学生さん
学生さん

教師
教師
はい、学校に来る人のために花を飾りました。準備しました。
教室に花が飾ってあります。

他のものについても同様に確認していく。

ポイント

「自動詞+ています」は、状況の継続、
「他動詞」+てあります」は誰かが何かをした結果の状況の継続、
災害の絵(自動詞+ています)
催しの準備の絵(他動詞+てあります)
などを比べて意味を理解させる。

 
板書

エアコン つけてあります。

教室に花 かざってあります。

 

中堅さん
中堅さん
こちらもチェック!!

 みんなの日本語第30課 「他動詞」+てあります。

(他動詞)ておきます

教師
教師
来週から旅行へ行きます。
どんな準備をしますか。

地図を買っておきます。
ホテルを予約しておきます。
おいしいレストランを調べておきます。
学生さん
学生さん


板書
他にも色々な準備が必要な例を与えて文型の意味を理解させる。

地図を買っておきます。
ホテルを予約しておきます。
レストランを調べておきます。

(ホワイトボードに旅行からもどった後の絵を貼る)

教師
教師
旅行から戻ってきました。
何をしますか。

かばんをしまっておきます。
パスポートを引き出しに入れておきます。
学生さん
学生さん

教師
教師
両替して残ったお金はどうしますか?

また行きますから、そのままにしておきます。
学生さん
学生さん

教師
教師
「~ておきます」は次のときのための準備、片付け、そのままにするの意味があります。
板書

かばんをしまっておきます。
パスポートを引き出しに入れておきます。
お金はそのままにしておきます。

 

 

新人君
新人君
「中級へ行こう」は初中級レベルの学習者に最適ね。

うーん、聴解は他の教科書が必要ね。
リスニングは耳を慣れさせるためにしないとね。
先輩さん
先輩さん

中堅さん
中堅さん
文型は簡単なものから応用まであって、作文も準備されているから教師の仕事が減るわね。

ところどころ、文型の練習が足りていなかったり、問題が簡単すぎるものがあるから、
教師が別に準備したほうがいいな!!
ベテランさん
ベテランさん

新人君
新人君
僕は各課の文法の教え方や、授業の進め方に不安があるので「教師用の手引き」を購入します。

 

教科書選びは最重要、慎重にするべき

新人君
新人君
あの学生の使用教科書…
合ってないのかなぁ、変更しようかなぁ。

変更するのもいいけど、
学生とは相談した?
変更の理由は?
他に適切な教科書は準備した?
先輩さん
先輩さん

新人君
新人君
いいえ、まだです。
なんとなく…合わない、
そう感じたものですから…

授業を受け持つ時に、
きちんと考えてから教科書を選定したか?
教科書や教材の変更というのは、
今まで学生が積み上げたものを無駄にすることもある。
気を付けろ!!
ベテランさん
ベテランさん

  1. 教科書選びは学生の目的やニーズに合ったものを選ぶ
  2. 自分の使ったことがない教科書を使う場合は、準備時間が必要になることを覚悟する
  3. 教科書を変更するときは、学生に聞き取りをして納得してもらってから変更したほうがいい
  4. 積立式の教科書からの変更は切りのいいところでしたほうがいい
  5. 新しいものは今までの学習が無駄にならにあようなものに変更する

中堅さん
中堅さん
教科書を変更しないで配布する教材のほうを
カスタマイズしていくほうが楽ね。

あまり教師の指針が定まっていないと学生は不信感を持つぞ!!
もし仮に変更が必要な場合も、
相手が納得するように、自信をもって理由を伝えなければならない。
先輩さん
先輩さん

 

新人君
新人君
ああ、
今日はなんだか憂鬱だなぁ…

その気分…
クラスに持ち込まないでよ!
先輩さん
先輩さん

中堅さん
中堅さん
どんなにクラス運営の技術が高くても、
気分や疲れでパフォーマンスが下がったら意味がないね…

もし医者が、
「今日は気分がのらないから診察しません。」と
言ったら困るだろう。
同じことだな!!
ベテランさん
ベテランさん

気分が乗らないときもあるが…

それでも、どうしても気分が乗らないときもあるわね。
そんな時はどうすればいいのかしら?
先輩さん
先輩さん
  1. クラスに入るときは無理にでもスイッチを切り替える。
  2. 教育もサービス業だということを意識してプライベートとは切り離して働く。
  3. 口角をあげて笑顔を作れば気分も明るくなる。
  4. 明るく話すように心がける。
  5. ネガティブな発言したり、イライラを出したりしないようにする。
普段の人間関係でも、
感情をすぐに表情や行動に出す人には気を使うことがあるだろう。
教師の機嫌が悪かったり、表情が暗かったりすると学生も気を使うぞ。
学生に気を使わせてはダメだ!!
ベテランさん
ベテランさん

自分では気が付かないこともある

あなた最近疲れていない?
先輩さん
先輩さん

新人君
新人君
そうですか?
自分では疲れている気はしないですけど…

まあ、疲れは自分では気が付かない場合もあるな。
クラス中に次のようなことをしていたら疲れているのかもしれないぞ!!
いつもはしているというのが前提だが…
ベテランさん
ベテランさん

  1. いつもはしている説明を省きたくなる。
  2. 筆記練習のときに、いつもしているのにクラスを巡回しない。
  3. リスニングのときにCDを流すだけ。内容について質問したり、解説をしない。
  4. 学生の質問、答えを聞き逃す。
  5. クラスと関係ないことを考えてしまう。

上記のようなことをしている自分に気が付いたら気を引き締めろ!!
ベテランさん
ベテランさん

中堅さん
中堅さん
別に普段からいつもこんな感じですよ。
という教師は疲れているというより、怠けているのね…

 

新人君
新人君
どうして他の先生のクラスでは、
笑いが起きているのだろう…
もうちょっとクラスで面白いことをしたほうがいいのかな…?

そうね。
クラスの中で「笑い」や「ワクワク感」を取り入れるというのは大事ね。
先輩さん
先輩さん

中堅さん
中堅さん
でも、バランスが大事ね。
笑いを取りにいき過ぎても「ちゃんと真面目にやれ!」と言われるし、
ひたすら真面目に教えることに専念していると「もう少し笑いを入れろ」と言われるし…

勉強というのは基本的にはしんどいものだ。
特に初級の学生にとっては面白い時間じゃないだろう。
だから、相手を退屈させずに授業を進める技術が必要だ。
ベテランさん
ベテランさん

新人君
新人君
僕は一体どうしたらいいでしょうか…

笑いの盛り込み方あれこれ

中堅さん
中堅さん
一つのクラスがずっと面白いという必要はないわね。
面白かったけど、何を学んだかわからなかった…
というのは良くないわね。

適度に笑いのポイントを作るのがいいな!!
ベテランさん
ベテランさん

新人君
新人君
ポイントと言われても…
どうすれば…

  1. 授業の序盤で笑いを盛り込んでクラスを温める
  2. 説明に笑いを絡めれば、学生も授業で学んだことをわすれにくい
  3. 「少し笑いを入れてから教えて、また笑いを入れて教えて…」の交互に授業を組み立てる方法がある
  4. 「授業の内容そのもの、例えば導入や例文練習問題の文に笑いを誘う要素を取り込む」散りばめる方法がある
  5. 「学生をいじる、学生の発言を拾ってそれを笑いに変える」方法もある

学生をいじる、学生の発言を拾う方法はセンスが必要だな!
失敗すると知らないうちに学生を傷つける可能性もあるしな。
ベテランさん
ベテランさん

中堅さん
中堅さん
導入、例文、練習に笑いを盛り込むのが一番簡単ね…
準備がしやすいし、次回も同じ内容を教える時に使いまわすことができるから…

色々な方法をバランスよく使えたらいいけど、
やっぱり経験が必要ね。
先輩さん
先輩さん

無理に笑わせる必要はないが、
学生が集中力を持続させるためには、
笑いの力を借りたいところだな!!
ベテランさん
ベテランさん

新人君
新人君
なるほど。
色々と工夫して退屈しない授業を運営できるようにします。

すべらないようにね…
ダメージを引きずってクラスを継続するのは辛いわよ…
中堅さん
中堅さん

クラスの雰囲気は明るいに越したことはないが…

教師
教師
だいぶクラスが明るい雰囲気なってきたぞ!
あれ、今日は隣のクラスは静かだな?

ああ、今日は…
復習と試験だから。
先輩さん
先輩さん

中堅さん
中堅さん
試験に限らず、
場合によっては緊張感を作ることも必要ね…

学生は場の空気に敏感だ。
こちらで雰囲気をコントロールできれば、
ときには緊張感をもって集中して授業に取り組ませることも可能になるぞ!!
ベテランさん
ベテランさん

  1. 「この活動は緊張感をもって!」「これは和やかな雰囲気で…」と空気をコントロールする
  2. 空気のコントロールは内容が複雑なもの、集中して取り組んでほしいときには役立つ
  3. 空気を切り替えるサインのようなもの、例えば特定の指示の言葉を決めておくと学生も気がつきやすい

まあ、何か大事なことを言う前の「サイン」「口癖」があれば、
学生も自然に緊張感を持たなければならない場面というのがわかってくるだろう。
ベテランさん
ベテランさん

中堅さん
中堅さん
面倒くさかったら、
「これからいうことは大事ですから、ちゃんと聞いてください。」
と直接言えば…?

新人君
新人君
そうします。
まだ空気を操れ自信がないので…

新人君
新人君
ふぅ、今日も無事に覚えるべき文型を教えることができた。
学生もみんな「わかりました」と言っていたから、
明日は新しい文型に進むことができるなぁ。

学生の「わかりました」…
あなたは信じているの…?
中堅さん
中堅さん

新人君
新人君
どういうことでしょうか?

例えば、クラスで説明を受けて、最後に教師に「わかりましたか?」
と聞かれたら、どう答える?
大抵は「わかりました」と答えるでしょう?
先輩さん
先輩さん

他の学生の前で自分だけ「わかりません。」とは言えないからな…
それに、また同じことを聞くのを申し訳ないと感じる学生もいるだろう。
ベテランさん
ベテランさん

新人君
新人君
じゃあ、どうやって理解できたかどうか確認すれば…

わかりました?大丈夫ですか?は無意味な質問

モノづくり先輩
モノづくり先輩
クラスで教えていて、学生の反応が薄いと、
「わかりましたか。」と、
つい確かめたくなるね。

まあ、それは仕方がないことだな。
でも、その学生の「わかりました」を
鵜呑みにしてはいけないぞ。
ベテランさん
ベテランさん

中堅さん
中堅さん
そうね。
学習者が理解しているかどうか適切に判断するのも、
教える側の役目だもの…

常に学生が理解できたかを判断して、
説明の補足をしたり、
理解度を深める活動を追加したり
しなければならないわね。
先輩さん
先輩さん

中堅さん
中堅さん
反対に思ったより早く理解したと判断出来たら、
途中でその文型の活動を切り上げたり、宿題に回したりして、
弱そうな部分や掘り下げたい部分に時間を割くのもいいわね。

そうだな。
学生たちがわかったかどうかを判断して、
効率よく時間が使えれば一人前だな。
ベテランさん
ベテランさん

  1. 学習者の「わかりました」の言葉を鵜呑みにしない。
  2. 学習者の理解度を図るのは教師の役目
  3. 理解度に応じて学習項目の中での活動を臨機応変に変更する

クラス内で学生の理解度を図るのには経験が必要だな!!
経験があれば以前に教えた学生と、
今の学生の様子や反応を比較して、
判断することも可能になるだろう。
ベテランさん
ベテランさん

新人君
新人君
経験の浅い僕はどうすれば…

心配しないで、
雰囲気から判断できないなら、
別の方法で調べればいいわ。
先輩さん
先輩さん

 

理解度の確認方法

新人君
新人君
どうすれば
「わかりましたか。」と聞かずに、
学生たちの理解度をチェックできますか。

一番早いのは、
理解したかどうかやらせることだな!!
ベテランさん
ベテランさん

先輩さん
先輩さん
そうね。
できない=理解していない
簡単なチェック方法ね。

実際にやってもらう、
これがコツ…
分かったのかしら…?
中堅さん
中堅さん

新人君
新人君
なるほど。
分かりました。

今のあなたの「わかりました。」は、
本当に理解したうえでの「わかりました」なの…?
まだ、具体的にやることを言ってないけど…
中堅さん
中堅さん

新人君
新人君
つい、勢いで…
学生もこんな感じで「わかりました」と言うんでしょうね…

いくつか
理解度チェックをする方法を挙げておこう!!
ベテランさん
ベテランさん

  1. (語彙)フラッシュカードを使う。
  2. (語彙)語彙を与えて文形を作らせる。
  3. (助詞)文型を作らせたときに適切なものを選択できているか確認
  4. (助詞)助詞の穴埋めの問題を配布(ややこしいものが多い課では…)
  5. (文型)フラッシュカード(状況が描かれたもの)を見せて文章単位で答えさせる。
  6. (文型)前件、後件を与えての文章作り。
  7. (会話)例文を見ないで言えるか。
  8. (会話)考えながら絞り出すように、会話練習をしているうちは危ない。(自分で音読しない学生は特に…)
  9. (総合)クラスの最初に前回の内容の小テスト
  10. (総合)リスニングをしたときに、問題以外にも教師が質問をして答えさせる。
  11. (総合)授業終盤で簡単な復習(口頭、プリント、フラッシュカードなどで)

モノづくり先輩
モノづくり先輩
他にも色々方法があるけど…
今日はここまでね。

 

 

新人君
新人君
ふぅ、やっと明日の準備が終わった。
教えるべき文型も覚えたし、文型の順番もだいたい頭に入ったぞ!!
これで教案を見なくてもクラスが進められるなぁ。

ちゃんと、一つ一つの文型について説明できるの?
学生がどんな質問をしてくるか予測して準備はした。
先輩さん
先輩さん

中堅さん
中堅さん
意味の似ている文法との違いは説明できる?
語彙の説明と一緒に使われる助詞の組み合わせ、
どうしてその助詞が使われるかの説明は大丈夫かしら…

人に教えるためには、
その内容を熟知してからでないと
相手が理解しやすいように教えられないぞ!!
もちろん、自分の知識をクラスで全部出す必要はないが、
教えることに対して常に研究する努力は必須だな!!
ベテランさん
ベテランさん

新人君
新人君
僕はどうすれば…

まあ、そんなに心配しないで、経験を積んでいけば自然に知識は増えていくから。
先輩さん
先輩さん

中堅さん
中堅さん
まあ、本人の努力次第ね。
教科書や教え方の手引きをなぞるだけで、
自分で勉強しない教師はたくさんいるわね。

1を知っていても1を教えられない

たとえば、「までに」という言葉、
どうやって教える?
先輩さん
先輩さん

新人君
新人君
期限の「までに」ですね。
間接法なら「by」ですと伝えて、
直説法なら例文をいくつか提示しますね。
「明日までにレポートを書かなければなりません。」
「10時までに受付へ来てください。」とか。

それで…
終わり?
中堅さん
中堅さん

新人君
新人君
はい。


先輩さん
先輩さん

ベテランさん
ベテランさん

  1. 膨大な量の知識がなければ、どんな例外があって、どんな実例があるのかを正しく示せない。
  2. うろ覚えの表面的な知識だけでは、分かりやすく教えることはできない。
  3. 知識があるからこそ、不必要なものを省いてポイントを押さえた教え方ができる。
  4. その事柄だけでなく、関連するもの、似ているものについての知識があれば行を防ぐことができる。
  5. 質問されたときに知識があれば、これはこうだと断言できるが、知識が不足していると断言する自信も持てない。

経験が浅いうちは、教える語彙、文法について細かく研究したいところだが、
時間を作るのは無理だろう。
ベテランさん
ベテランさん

新人君
新人君
じゃあ、どうすれば…

ネットでどのようなことに学生が疑問を持つか、
というのは簡単に調べられる時代よ。
先に答えを準備したり、要点をまとめた教材を作ったりしておけば、
授業中に質問されたときに焦らないし、
要点を先に渡しておけば、学生もすんなりと理解できるわね。
先輩さん
先輩さん
中堅さん
中堅さん
さっきの「までに」だったら、
「までに」をイメージしやすい絵を準備する。
既習の「まで」と混同する可能性があるから、比較できる例文を準備する。
「まで」「までに」を入れる穴埋めの問題プリントを作る。
いろいろな準備ができるわね。

間違いを起こしそうなものは、
きちんとチェックして対策を考えておくんだ。
もちろん経験を積むうちに学生のつまずくポイントがわかってくるが、
先に予測して知識を身に着けておくことも大事だぞ!!
ベテランさん
ベテランさん

教材づくりにも挑戦して

新人君
新人君
この練習はこの本のこのページをコピーして、
会話はこの本のここ…
宿題はこの本のここを使って…

授業の準備?
忙しそうね。
先輩さん
先輩さん

中堅さん
中堅さん
問題集と教科書をコピーしてクラスをしているようだけど…
学生の弱点とか、前回のクラスで理解度が低かった箇所とか、
それに合わせて準備できてるの…?

クラスの状況に合わせた教材を準備しているか?
ベテランさん
ベテランさん

新人君
新人君
なかなか、学生の弱点にフォーカスできるページが本の中になくて…
総合練習のページとか文型練習のページを配布しています。

ベテランさん
ベテランさん

中堅さん
中堅さん


  • 教科書や問題集のコピーで済むなら楽だが、それで済まない場合もある。
  • 学生の弱点をカバーするには、それに特化した教材を作る必要がある。
  • 学生は比較する、本のコピーだけ渡す教師と手作りの教材も配布する教師だと後者が情熱があると感じる。
  • 手作り教材を作っても、質が悪かったり、学生が必要としていないものだったりすると自己満足に終わることもある。

医者の処方のようにこの場合はこれと、
本を色々と研究して比較して、うまく学生に必要なものを渡せる教師もいるが、
それをするには、多くの教科書を読んで特性を理解したり、
どの本のどのページにどんな問題があるかを、
熟知しなければならない。
莫大な時間と経験が必要だろう。
ベテランさん
ベテランさん

新人君
新人君
じゃあ、どうすれば…

モノづくり先輩
モノづくり先輩
簡単なことよ。
あなた自身で学生の弱点を補強できるものを作ればいいのよ。
たくさんの本の中から探すより、作ったほうがよっぽど早いし、無駄がないわよ。

自分で教材を作るときのポイントは、
ある程度、出題のパターンを決めておく。
例)を入れて、学習者が自分で取り組めるようなものにする。
練習で使う場合、既習の語彙、文型もたくさん取り入れて学生が自然にインプットできるようなものにする。
復習で使う場合は、授業中に間違えが多かったもの、理解度が怪しかったものにフォーカスする。
問題数は授業中にやるか宿題にするかで量を調整する。
ベテランさん
ベテランさん

モノづくり先輩
モノづくり先輩
自作教材は自由度が無限大だから、
試行錯誤して自分が使いやすくて、学習者も使いやすいものを追求するのね…

手塩にかけて作成した教材だけど…
学生の理解度が十分だと感じたり、
時間が足りなかったりしたときは、
使わないという選択も必要よ。
あきらめる勇気…
先輩さん
先輩さん