スポンサーリンク

【 ~のごとく 】 JLPT N1の文法の解説と教え方

JLPT N1の文法

新人君
新人君
先週は忙しかったですね。
ええ、会議やら説明会やらで、
嵐のごとく過ぎ去った1週間だったわ。
先輩さん
先輩さん
中堅さん
中堅さん
週末の飲み買えもひどかったわね…
お酒をミスのごとくがぶがぶ飲む人がいて…
ああ、楽しかったな。
時間があっという間に過ぎたな。
まさに光陰矢の如し!!
ベテランさん
ベテランさん

今回は「~ごとく」という表現について学習していきます。
「~ごとく」には2つの用法があります。
1つ目は「嵐のごとく去った」のように「例え」での用法です。
2つ目は「下記のごとく決定した」のように内容をあげる用法です。
「ように」「ような」と同じ意味で使いますが、硬い表現になります。
 

~のごとく / ~のごとき / ~のごとし

(社長室の椅子に座っている偉そうな男の人の絵を貼る)

教師
教師
この会社はここ10年で急成長しました。
最初は社員の少ない会社でしたが、
社長のリーダーシップと鉄のような信念でビジネスを成長させました。
社長は鉄のごとき信念をもって、ビジネスを成長させました。

(社長のかたわらに目立たない秘書が立っている絵を貼る)
教師
教師
実はビジネスが成功した理由はもう一つあります。
社長には優秀な秘書がいます。
ほら、社長のそばに、影のように立っていますね。
活躍する社長のそばには、いつも影のごとく秘書が立っています。

(病院に入院している社長の絵を貼る)
教師
教師
社長が急に倒れて入院してしまいました。
でも、すぐに退院して、いつもと同じように働いています。
手術したばかりなのに、まるで何事もないように振舞っています。
手術をしたばかりだが、何事もないかのごとく振舞っている。
「~ごとく」は「~ように、~ような」と同じようにつかえますよ。
でも硬い表現ですから、日常会話ではあまり使いません。

(お金を無駄遣いしている様子の人の絵を貼る)
教師
教師
私は今海外で働いています。
ここの生活は質素です。あまりお金を使うことがありません。
昔、日本で働いていた時はお金をたくさん使いました。
おかねを湯水のように使っていました。
どう言いますか。
日本で働いているときは、お金を湯水のごとく使っていました。
学生さん
学生さん

(海外で長く働いていることがわかるような絵を貼る)
教師
教師
私は2011年からこの国で働いています。
ですから、日本を出てもう10年になりますね。
本当に時間が経つのは早いです。
まさに光陰矢の如しです。
「光陰矢の如し」は時間が経つのが早いというときに使いますよ。

(手紙を読んでいる男の人の絵を貼る)
教師
教師
珍しく家族から手紙が来ました。
手紙には次のように記してありました。
この「次のように」の「ように」も「ごとく」に変えられます。
家族からの手紙には、次のごとく記してありました。
と言います。

(怖い顔でシュートを放つ選手の絵を貼る)
教師
教師
今日は私の好きなサッカーチームの試合があります。
今日もテレビで試合を見ています。
見てください。この選手はすごいシュートを打ちます。
いつも鬼のような顔で、敵のチームを攻めます。
どう言いますか。
いつも鬼のごとき顔で、敵のチームを攻めます。
学生さん
学生さん

(軽快にドリブルをしている選手の絵を貼る)
教師
教師
この選手もこのチームのスタープレイヤーです。
見てください。すごい早いドリブルです。
まるで疾風のような速さでボールを運んでいますね。
どう表現しますか。
疾風のごとき速さで、ボールを運びます。
学生さん
学生さん

(岩のような大きな体のゴールキーパーの絵を貼る)
教師
教師
このチームのゴールキーパーも有名な選手です。
見てください。大きい体ですね。
彼は岩のような体で、ゴールを守っています。
彼は岩のごとき体で、ゴールを守っています。
学生さん
学生さん

 

板書

社長は鉄のごとき信念をもって、ビジネスを成長させた。
活躍する社長のそばには、いつも影のごとく秘書が立っている。
手術をしたばかりだが、何事もないかの如く振舞っている。

日本で働いているときは、お金を湯水のごとく使っていた。
もう海外で暮らして10年だ。まさに光陰矢の如しだ。
家族からの手紙には、次のごとく記してあった。

いつも鬼のごとき顔で、敵のチームを攻めます。
疾風のごとき速さで、ボールを運びます。
]岩のごとき体で、ゴールを守っています。

 

練習

① その侍は敵を(         )ごとく倒していった。

② 短距離ランナーは(        )ごとく目の前を走り抜けた。

③ 重労働で汗が(         )ごとく流れ出た。

④ ナイフで切ると肉汁が(       )ごとくあふれ出た。

⑤ 楽しい時間は(       )ごとく過ぎ去った。

⑥ (             )、以下のごとく書いてあった。

⑦ (      )は、まるで(     )であるかのごとく威張っている。

⑧ 彼は怖いものなどないかのごとく振舞うが、(             )。

⑨ 父は(      )のごとき(     )をして、息子を叱った。

⑩ 彼女は(     )のごとき(     )で、男性たちを魅了する。

 

スポンサーリンク

おすすめの記事はこちらからどうぞ!!

初級の学習が終了したあとで、聴解が弱い学習者にのために準備できるリスニングの練習の本

聴解が弱いあなたへ 聴解が弱いあなたへ (初級から中級への橋渡しシリーズ 3 ) ...

日本語初級の学習が終わってから文法の復習に使える本

  「文法が弱いあなたへ」の特徴 文法が弱いあなたへ 漢字・語彙が弱い ...

【 ~なくして~ない 】 JLPT N1の文法の解説と教え方

今回は「~なくして 」という表現について学習していきます。 これは、「努力なくし ...

【 ~べくもない 】 JLPT N1の文法の解説と教え方

今回は「~べくもない 」という表現について学習していきます。 これは、「彼の気持 ...

【 ~に足る / ~に足らない 】 JLPT N1の文法の解説と教え方

今回は「~にたる 」という表現について学習していきます。 これは、「彼は信頼にた ...

【 ~を禁じえない 】 JLPT N1の文法の解説と教え方

今回は「~禁じえない 」という表現について学習していきます。 これは、「彼の態度 ...

【 ~極まりない / ~極まる】 JLPT N1の文法の解説と教え方

今回は「~極まりない 」という表現について学習していきます。 これは、「その方法 ...

【 ~でなくてなんだろう 】 JLPT N1の文法の解説と教え方

今回は「~でなくてなんだろう 」という表現について学習していきます。 これは、「 ...

【 ~ずにはすまない / ~ないではすまない 】 JLPT N1の文法の解説と教え方

今回は「~ずにはすまない 」という表現について学習していきます。 これは、「弁償 ...

【 ~としてあるまじき 】 JLPT N1の文法の解説と教え方

今回は「~あるまじき 」という表現について学習していきます。 これは、「政治家と ...

【 ~にかたくない 】 JLPT N1の文法の解説と教え方

今回は「~にかたくない 」という表現について学習していきます。 これは、「人々の ...

【 ~と相まって 】 JLPT N1の文法の解説と教え方

今回は「~と相まって 」という表現について学習していきます。 これは、「最新の技 ...

【 ~ゆえ / ~ゆえに】 JLPT N1の文法の解説と教え方

今回は「~ゆえ 」という表現について学習していきます。 これは、「親は子供を愛す ...

【 ただ~のみ 】 JLPT N1の文法の解説と教え方

今回は「ただ~のみ 」という表現について学習していきます。 これは、「あとはただ ...

【 ~べからず 】 JLPT N1の文法の解説と教え方

今回は「~べからず 」という表現について学習していきます。 この表現は、「私有地 ...

JLPT N1の文法

Posted by yumearu