スポンサーリンク

中級を学ぼう中期の教え方(~なんて)ー軽蔑・軽視・謙遜ー JLPT N3の文法の解説と教え方

2020年11月17日中級を学ぼう 中級中期

新人君
新人君
今度の金曜日は勉強会ですね。
そうね。
今回は、模擬授業をしてもらうわ。
いつも通りやるだけだから、模擬授業なんて簡単でしょ?
先輩さん
先輩さん
新人君
新人君
ええ!
模擬授業なんかしたくないですよ…
自分の授業を他の先生に見せるなんて…
泣き言など言うな!
他の先生からの意見は貴重だぞ!
ベテランさん
ベテランさん

~なんて・~なんか・~など(軽蔑・軽視・謙遜)

教師
教師
来週はテストをします。
何のテストですか?
学生さん
学生さん
教師
教師
「ひらがな」のテストです。
自信がありますか。「ひらがな」は簡単すぎますか。
はい、簡単すぎます。
学生さん
学生さん
教師
教師
そうですね。
みなさんは、もう日本語を長く勉強していますから、
「ひらがな」なんて簡単ですね。

(体育の授業の風景の絵を貼る)
教師
教師
体育のクラスです。
先生が「鈴木君とペアになってください」と言いました。
でも、私は鈴木君が好きじゃありません。
教師
教師
そんなときは、こう思います。
鈴木君なんかとペアになりたくない。
「なんか」は嫌な気持ちのときに使います。

「~なんて」を「~なんか」「~など」に置き換えられることを説明する。
※「~なんて」の後ろには助詞が来ないことに注意!!
(子供と野菜の絵を貼る)
教師
教師
子供は野菜が嫌いです。
この子供は何と言いますか。
野菜なんか嫌いです。
野菜なんか食べたくない。
学生さん
学生さん

(社長が社員を褒めている絵を貼る)
教師
教師
「君のおかげで今回の企画は成功したよ」
社長が皆さんを褒めました。
何と言いますか。
ありがとうございます。
これからも頑張ります。
学生さん
学生さん
教師
教師
そうですね。
じゃあ、社長が「次の部長は君だ」と言いました。
でも、皆さんはまだ不安です。
何と言いますか。
まだ、部長になりたくないです。
学生さん
学生さん
教師
教師
うーん、
この場合は「私など、まだ部長になるには早すぎます。」
がいいです。
自分のことを低く言いたいときにも使います。

板書

「ひらがな」なんて簡単です。(ひらがなは簡単すぎます)

〇鈴木君なんかとペアになりたくない。
×鈴木君なんてペアになりたくない。
〇鈴木君となんてペアになりたくない。

野菜なんか食べたくない。(野菜が嫌いです)

などまだ部長になるには早すぎます。(自分のことを低く言います)

 

「~なんて」にはいろいろな意味がありますが、ここでは「軽蔑、軽視、謙遜」で使われるものを紹介していきます。「~なんか、~など」との置き換えができますが、後ろに助詞が来る場合は「~なんて」は使えません。
〇 日本語(なんて・なんか・など)簡単だ。
〇 山田さん (なんか・など)に負けるものか!
× 山田さん(なんて)に負けるものか!
〇 山田さんに(なんて、なんか、など)負けるものか!
簡単なようで複雑ですね。
 
 
 

練習

例 おばけ なんて こわくない。

① あなたなんて(        )。
 
② 人生に(        )なんて必要ない。

③(         )なんて欲しくない。

④(         )なんて簡単だ。

⑤(         )なんてサルでもわかる。

⑥(         )なんてだれでもできる。

⑦ あの人になんて(            )。

⑧ こんな風邪、薬など(          )。

 
 

スポンサーリンク

2020年11月17日中級を学ぼう 中級中期

Posted by yumearu