スポンサーリンク

中級を学ぼう中期の教え方(~た形+名詞)

2020年12月1日中級を学ぼう 中級中期

新人君
新人君
すみません。
はさみを借りてもいいですか?
いいわよ。
あそこの辞書が並んだ棚の上の箱の中にあるわよ。
先輩さん
先輩さん
新人君
新人君
あの…
たくさん箱があってわからないんですが…
中堅さん
中堅さん
その黄色い丸がたくさん描いてあるデザインの箱よ…

~た+名詞(名詞修飾)

(お店に果物が並んでいる絵を見せる)

教師
教師
みなさん、ここに果物が並んでいます。
ここに並んでいる果物の中で何が一番好きですか?
ぶどうが好きですが好きです。
学生さん
学生さん
教師
教師
じゃ、ここに並んだ果物の中で何が一番好きですか?

並んだ?は何ですか?
学生さん
学生さん
教師
教師
ああ、「並んだ」は「並んでいる」と同じ意味です。
何かをした後の状態を表します。

(人がたくさんいる絵を見せる)
教師
教師
すみません。
山田さんはどの人ですか。

(めがねの人を指す)
あの眼鏡をかけている人です。
あの眼鏡をかけた人です。
学生さん
学生さん

(本が並んでいる絵を見せる)
教師
教師
すみません。
日本語の辞書はどれですか。

(汚れている本を指す)
その汚れている本です。
その汚れた本です。
学生さん
学生さん

(クリスマスの準備をしている絵を貼る)
教師
教師
すみません。
クリスマスツリーはどこにしまいましたか。

(部屋が並んでいる絵を貼り、一つのドアを指す)
教師
教師
この部屋です。鍵がかかっています。
この鍵がかかっている部屋にあります。
この鍵のかかった部屋にあります。
学生さん
学生さん

板書

ここに並んだ果物の中で、何が一番好きですか。

山田さんは、あの眼鏡をかけた人です。

日本語の辞書はその汚れた本です。

この鍵のかかった部屋にクリスマスツリーがあります。

 

今回は状態を表す名詞修飾の形「~た+名詞」について触れていきます。
この「~た+名詞」は、状態を表す動詞、静的な動詞に対して「~ている」と同じように使うことが可能です。
動的な動詞には「て形+いる」を使います。
この文型は文章中でどちらを選択するかは人によって解釈が異なり、
日本語教師の間でも統一した見解が出ていません。
「中級を学ぼう 中級中期」の中でも詳しい説明がなく、「~ている」と同じ扱いになっています。
また、他の教科書でも取り上げられていないことが多いので、
どちらを使っても違和感がないものを選んで授業を進めていきましょう。

 

練習

① 私の家は(        )家です。

② 私の車は(        )車です。

③ 私の母は(        )人です。

④ 書類は(         )箱に入っています。

⑤ 町の中心に(       )面白い建物がある。

⑥(           )服を洗った。

⑦(           )食べ物は体に良い。

⑧(           )態度で話を聞く学生がいる。

 

スポンサーリンク

2020年12月1日中級を学ぼう 中級中期

Posted by yumearu