スポンサーリンク

中級を学ぼう前期の教え方(~げ)

2020年10月18日中級を学ぼう 中級前期

中堅さん
中堅さん
どうしたの?
そんな心配げな顔して…

あれ、見て…
今日の彼…変じゃない?
なんか、楽し気な顔したり、悲し気な顔したり…
感情が不安定なのかしらね?
先輩さん
先輩さん

中堅さん
中堅さん
そうね。
今はなんか悲し気な顔をしているわね…

うーん、
クラスの流れのイメージトレーニングでもしてるんじゃないか。
ベテランさん
ベテランさん

新人君
新人君
(うーん、
やっぱり大きい携帯を買ってよかった!
携帯で映画を見ても迫力があって楽しいな…)

~げ

(悲しそうにしている人の絵を貼る)

教師
教師
みなさん、彼は今どんな様子ですか?

悲しそうです。
学生さん
学生さん

(楽しそうな雰囲気でおしゃべりしている人たちの絵を貼る)
教師
教師
みなさん、彼女たちはどんな様子ですか。

楽しそうです。
学生さん
学生さん

(不満そうにしている人の絵を描く)
教師
教師
この人は今どんな様子ですか?

不満そうです。
学生さん
学生さん

教師
教師
はい、いいですね。
でも今日は別の言い方を勉強します。
彼は顔は悲しげだ。
みんな楽しげに話している。
彼は不満げな顔をしている。
です。「~げ」は、私たちが見て予想する誰かの感情や人・物の雰囲気を表します。

「~げ」は一緒に使う言葉が限定的なので、
絵を見せながら一つ一つ使われる言葉を確認する。

例)
そのかばん良さげだね。
不安げな顔で見ている。
怪しげな格好の人がいる。
楽し気におしゃべりしている。
寂しげに座っている。
自信なさげに答えた。
不満ありげな顔をした。

「~げ」が使えない言葉も多い
×あのケーキおいしげだね。→おいしそうだね。
×この問題、難しげだ。→難しそうだ。
×このシャツちょっと小さげね。→ちいさそうね。
人の気持ちを表すときには使えるが、物の見た目を話すときには使えない。

 

 

ポイント

「~げ」は人の気持ちを表す言葉とともに使われます。
話者が誰かの様子を見て感じることを表しますが、
目上の人の様子を述べるときにはあまり使いません。
「~げ」は一部の形容詞・動詞などに接続できます。

 

練習

1) そのかばん(          )げだね。

2) 不安げな(          )で見ている。

3) 怪しげな(           )の人がいる。

4) (          )気におしゃべりしている。

5) 彼は疲れて(         )げに座っている。

6) 彼は意見を自信なさげに(           )。

7) 彼は残業を頼まれ、不満ありげな(         )をした。

8) あの人は 悲し ( そう ・ げ ) な顔で座っている。

9) あっ、ペンが 落ち ( そう ・ げ ) ですよ。

10) 子供たちは 早く ご飯を 食べた ( そうに ・ げに ) 待っている。

11) 学生は 眠たい( そうに ・ げに ) 話を聞いている。

12) 母は 心配 ( そうに ・ げに ) 話を聞いている。

 
 


新人君
新人君
「中級を学ぼう」は初中級レベルの学習が終わった学習者に最適ね。

うーん、
「中級へ行こう」と比べると内容が充実したわね。
先輩さん
先輩さん

中堅さん
中堅さん
文型練習・読解・作文の練習がきちんと入っているから教科書だけでも進められるわね…

でも、文型の練習が足りていなかったり、問題が簡単すぎるものがあるから、
教師が別に準備したほうがいいな!!
ベテランさん
ベテランさん

新人君
新人君
僕はまだ授業の進め方に不安があるので「教師用の手引き」を利用します。

スポンサーリンク

2020年10月18日中級を学ぼう 中級前期

Posted by yumearu