スポンサーリンク

【 ~ずくめ 】 JLPT N1の文法の解説と教え方

JLPT N1の文法

新人君
新人君
あの学生いつも黒ずくめの服を着ていますね…
そうね。
あの学生の彼女もおもしろい服装よね…
先輩さん
先輩さん
中堅さん
中堅さん
そうね。
上から下まで全部…
全身ブランドずくめね…
新人君
新人君
色々なセンスをした人がいますね。
(人のことを言える服装か…?
上から下まで安物の服を着てるじゃないか…)
ベテランさん
ベテランさん

今回は「~ずくめ」という表現について考えてみましょう。
この表現は、
「大部分が~で占められている」、
「~が連続する」
と言いたいときに使います。
いいことにも悪いことにも使うことができます。
ともに使われる言葉は限定的なので一緒に覚えてしまいましょう。
 

~ずくめ

(パーティーに黒ずくめのファッションで参加している人の絵を貼る。)

教師
教師
色々な人がパーティに参加していますね。
この男の人を見てください。
靴も黒、靴下も黒、ズボンもシャツも黒、帽子も黒ですね。
上から下まで全部黒いファッションですね。
彼は全身黒ずくめの格好でパーティーに参加していますね。

(パーティーで上から下までブランドの物を身に付けている女の人の絵を貼る)
教師
教師
この女の人を見てください。
帽子もかばんもドレスも全部有名なブランドの物を身に付けていますね。
あの女の人はブランドずくめのファッションで現れました。

(パーティーで色々な種類の料理が並んでいる絵を貼る)
教師
教師
すごい料理ですね。
日本料理、韓国料理、洋食、あちらには中華料理やインド料理もありますね。
すごいご馳走ですね。
日本料理、韓国料理、洋食とご馳走ずくめのパーティーです。
「~ずくめ」は「大部分が同じ物で占められている」ときや、
「何かが連続して起きた」ときに使います。

(お金を拾って喜んでいる絵、彼女ができて喜んでいる絵、昇進して喜んでいる絵の絵を貼る)
教師
教師
今週はいいことがたくさんありました。
道を歩いているときに、お金を拾いました。
それから、彼女ができました。
それから、昇進することができました。
本当にいいことがたくさんありました。
「~ずくめ」を使ってどう言いますか。
今週はいいことづくめでした。
学生さん
学生さん
教師
教師
そうですね。
お金を拾ったり、彼女ができたり、昇進したり、いいことづくめの1週間でした。

(会議をしている絵を貼る)
教師
教師
昨日会議がありました。
昨日の会議にはいつもは参加しない会長が参加しました。本当に異例なことです。
また、いつもは部長や課長などが中心に話しますが、
昨日の会議では会長が若い社員の意見も聞きたいと言ったので、
新人社員が意見を述べる機会がありました。
そして、進入社員の意見が採用されました。これも異例です。
昨日の会議は、会長が参加したり、新人の意見が採用されたり異例ずくめでした。
学生さん
学生さん

(残業している会社員の絵を貼る)
教師
教師
先月から新しいプロジェクトが始まりました。
色々と準備しなければならないことがあります。
それで、毎日残業が続いています。
新しいプロジェクトが始まり残業ずくめの毎日です。
学生さん
学生さん

板書

彼は全身黒ずくめの格好でパーティーに参加している。
彼女はブランドずくめのファッションで現れた。
日本料理、韓国料理、洋食とご馳走ずくめのパーティーです。

お金を拾ったり、彼女ができたり、昇進したり、いいことづくめの1週間だった。
昨日の会議は、会長が参加したり、新入社員の意見が採用されたり異例ずくめだった。
新しいプロジェクトが始まり残業ずくめの毎日だ。

 

練習

① 全身(       )ずくめの、怪しい男が立っている。

② 部緒にほめられたし、宝くじも当ったし、彼女もできたし、最近(         )ずくめだ。

③ 今年の陸上大会は(        )ずくめの大会になって、盛り上がった。

④ 今週は(       )ずくめで、早く家に帰れない。

⑤ (              )は規則ずくめで嫌になる。

⑥ (             )などいい事ずくめの一年だった。

⑦ (           )は、上から下までブランドずくめのファッションで現れた。

⑧ (           )は、ごちそうずくめでした。

 

スポンサーリンク

JLPT N1の文法

Posted by yumearu