スポンサーリンク

中級を学ぼう前期の教え方(JLPT N3の文法 ~ように~)

2020年11月5日中級を学ぼう 中級前期

中堅さん
中堅さん
勉強会をするから、
この課の教案を週末までに、
送るようにと指示があったわ…

ええ、勉強会で一人ずつ疑問点について発表をするから、
準備しておくようにと書いてあったわよ。
先輩さん
先輩さん

新人君
新人君
僕は、
いつも提出期限ぎりぎりなので、
早く教案を出すように注意されました。

毎回、勉強会のときに寝ないようにと注意されたぞ…
ベテランさん
ベテランさん

~ように

(患者と医者の絵を貼る)

教師
教師
この患者は咳がたくさん出るので病院に来ました。
お医者さんはタバコを止めたほうがいいと思っています。
患者に何と言いますか。

タバコを止めてください。
タバコを止めたほうがいいです。
学生さん
学生さん

教師
教師
「~てください」は丁寧なお願いです、たぶんこの患者はタバコを止めません。
「~たほうがいいです」もアドバイスです。
きっと、この患者はアドバイスを聞かないで、タバコを吸います。
もう少し強く言わなければなりません。

タバコを吸うな!
タバコを止めろ!
学生さん
学生さん

教師
教師
「吸うな」「止めろ」は強すぎます。
あまり人に言いません。
強く言いたいときは、「タバコを止めるようにしてください」と言います。
「ように」を使います。「ようには」は強い指示です。
医者は患者にタバコを止めるように言いました。

(靴を脱がないでお寺に入っている人と、それを注意している人の絵を貼る)
教師
教師
みなさんは何と言いますか。

靴を脱ぐようにしてください。
学生さん
学生さん

教師
教師
そうでうね。
「靴を脱ぐように」と言いますね。

(宿題を忘れている学生の絵を貼る)
教師
教師
学生は何と注意されましたか。

「宿題をするように」と注意されました。
学生さん
学生さん

(先生が学生に何かを伝えている絵を貼る)
教師
教師
先生は明日は試験ですから、「鉛筆を持ってきてください」
「試験の時間に遅れないように」
「試験のときはケータイは机の上に置かないように」と言いました。
今日休みの友達に何と伝えますか。

「鉛筆を持ってくるように」と伝えます。「試験の時間に遅れないように」と伝えます。
「ケータイを机の上に置かないように」と伝えます。
学生さん
学生さん

板書

「タバコをやめるように」と言います。

「靴を脱ぐように」と言います。

「宿題をするように」と注意されました。

「鉛筆を持ってくるように」と伝えます。

「試験の時間におくれないように」と伝えます。

「ケータイを机の上に置かないように」と伝えます。

 

ポイント

「指示・命令・禁止」にはいろいろな表現があります。
丁寧な依頼表現には「~ていただけませんか」「~ください」などの表現があります。
また、命令・禁止の表現に「~ろ」「~な」の表現がありますが、
これはかなり強い表現なので、危険を伴う場所や、事故につながりそうな行為が行われるときに、
明確に短く指示を出すときに使われます。
ここで学習する「~ように」は書き言葉でよく使われる表現で、
「~てください」が丁寧な依頼であるのに対して、
「~ように」は命令的な響きがあり、強い指示を表します。

 

スポンサーリンク

2020年11月5日中級を学ぼう 中級前期

Posted by yumearu